槽場詰めの酒母が立ちました。

DSC_0007

酒母室にいい香りが漂っています。よくリンゴやメロン、バナナ等の果物の香りに例えられるますが、僕らにしたら、やはり大信州の吟醸酒の香りです。

香りの質も良く今年の自家酵母も調子よさそう、この香りが酒に乗ってくれれば大信州らしい酒が搾り上がるはずです。

 酵母の培養も仕込8号分まで進みました。来週には本格的に醪が立ちます。

(田中 隆一)

コメントをどうぞ