小林杜氏のひと工夫

今年も蔵入り早々、小林杜氏の作品が出来上がりました。

小林杜氏は毎年蔵入りすると皆造までの間にいくつか“作品”を作ってくれます。

どこにそんな時間があるのかと不思議に思いますが、働き者の小林杜氏は時間があると、というよりも時間を創ってアッという間に作ってしまいます。

助手の使い方も旨いんでしょうね。見習わなくては。

過去には自然放冷する時の敷き台やその足場、はしごなどお手のモノ、道具で困ったら何でも作ってしまいます。

うちの若い造り手たちもここはなかなか真似が出来ません。

今年は蔵入りした途端、こんなものを作ってくれました。

DSC_0010

右側は以前作ったものですが、左側は今年の新規モノ。

何に使うのか?

説明がしづらいので、蔵見学にお越しいただいた時にお話しします。

これで今年もひとランク上の美味しさを目指せます。

成果が楽しみです。

(田中 隆一)

コメント / トラックバック1件

  1. 中林陽英 より:

    流石!ですね!杜氏!!
    仕事や生き方に一工夫は必ず必要です。

コメントをどうぞ