2011年8月 のアーカイブ

残暑蔵

2011年8月31日 水曜日

先週、豊野へ「貯酒蔵」の掃除に行ってきました。

初日は雨、翌日は上天気で、いずれも蒸し暑い二日間でしたが、蔵入りを一月後に控えて、普段は手の届かないところをということで、はしごをかけて「梁」(はり)の上もふきあげました。磨き上げて梁の丸木の肌がきれいに浮き出てくる頃には、汗とホコリで自分のほうが黒くなっていましたが、気分はかえって清々しく、体の疲れも満足感に変わっていました。

今期の酒造りに少しでも好い効果があれば、もっと嬉しいのですが。

(浅野 二郎)

それゆけ!大長野酒祭in四谷三丁目

2011年8月31日 水曜日

8月20日社長と小松さんと三人で四谷の料飲店3店舗で企画された長野県の酒蔵を対象に開かれた酒の会に参加させて頂きました!
3店舗をお客さんが飲み歩くという面白い企画だったので楽しみにしていました。

前日の夜には大信州金賞おめでとう会を開いていたので朝は正直辛かったですが東京に着く頃には体調ばっちりでした!!
大信州のブースは日がさ雨がささんでした!!

他の蔵の方と協力しながらの酒の会は僕にとって初めての体験でとても新鮮でした。
お客様にも大変喜んで頂けてやっぱり生の声を聞ける機会はなかなかない僕にとってはとてもいいモチベーションになります!!

夜の打ち上げも3店の方と他の蔵の方と一緒でとても楽しかったです。

(小松 哲也)

営業同行

2011年8月31日 水曜日

昨日、営業部長の洞澤さんと営業同行して来ました!

今回は長野市の酒屋さんと、松本市の料飲店さんに行って直接、話を聞くことが出来ました!
長野県内でやる乾盃フェスの話や、酒の会の話を熱く語って下さっているのを見て、嬉しかったです!

110830_150913

今、大信州では風邪が蔓延しています。
ブログを御覧の皆様も体調に気を付けて下さい!!

(林 眞也)

カンパイFES2011

2011年8月31日 水曜日

9月15日木曜日の午後6時30分に信州の地酒でみんなでカンパイしましょう!

今回で2回目となるカンパイFESでは、長野県にいる1万人を目標に、同じ時間に時報に合わせて、信州の地酒で一斉にカンパイしようという企画です。少しでも「明るく・楽しく、また明日への活力」が生まれてほしいという思いからで、信州醸熱和酒の会(醸和会)の主催です。大信州酒造も今年から醸和会に仲間入りして、この企画に加わります。

一斉にカンパイしていただく場所は、長野県内の飲食店やご家庭です。参加方法は、このイベントに参加する飲食店に足を運んでいただいて、カンパイの瞬間を迎えてもらってもいいですし、ご家庭や会社などでカンパイしてもらってもかまいません。

参加にはお手数ですが、登録が必要でFAXまたはメールでお申し込みください。ご登録に関する詳細につきましては、このアドレス(http://jyouwa.exblog.jp/)をご参照ください。

当日、参加人数の集計会場となる長野市の「日和カフェ」には社長も向かいます。集計結果は、当日の午後8時過ぎに醸和会公式ブログ(http://jyouwa.exblog.jp/)上で発表します。皆様の多数のご参加をお待ちしております。

jowakai(jpeg)

(関澤 結城) 

8月も今日で終わりですね。

2011年8月31日 水曜日

ここ最近はまた気温が高い日が続いていますがちょっと前の田んぼ散策ツアーの辺りは、一気に秋のような感じで「もう夏も終わりかなぁ」とちょっとさみしい気にもなりました。

そういえば会社の裏手でホタルを見ました。あいにくと写真には残せなかったのですが素朴な自然に触れる事が出来て心がほんわかしました。

これからもこの自然の中で大信州の仕事に関わっていきたいと思います。(ただしアメシロは大嫌いです)

(窪田 伸一)

ひとまず夏が終わります

2011年8月31日 水曜日

8月31日、軽井沢に営業に来ています。夏休みの短い長野県は当然ですが?都会の夏休みも、今日で最後です。
夏が終わり、なんとなく物悲しいもう既に秋の軽井沢です。
明日から9月!お酒の美味しい季節です。
実は1年で一番良い季節に入る軽井沢から
洞澤昇明でした。

110831_110826

110831_112902

(洞澤 昇明)

珈琲日和さん♪

2011年8月31日 水曜日

先日行われました小松 剛さん、みゆきさんの結婚式の二次会でスピーチのお返しにいただいたものです。
剛さんとみゆきさんが出会った「珈琲日和」さんの美味しいクッキーの詰め合わせでした。
※本人が先般のブログにて書き込みしました豊野町のカフェのことです。

2011083110210001

どれもオリジナリティ溢れるクッキーで美味しかったです。皆さま豊野蔵にお越しの際には是非とも「珈琲日和」さんへお立ち寄り下さい。

「珈琲日和」
住所:長野県長野市豊野町浅野1588
電話:026-257-6345
営業:9時30分~20時(カフェは19時まで)

(田中 美保)

小松剛 ついに結婚

2011年8月31日 水曜日

この度、うちの小松剛が晴れて結婚しました。

NEC_0009(大信州の樽酒で鏡開きです)

今年発売した仕込56号若手責任仕込みで小松の顔を何となくご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、彼、まじめですごくいいヤツです。
今年33歳、結構いい年なので過去に多少の遍歴はありましたが、進展、後退の度に社員全員で一喜一憂。皆が小松の将来について、時にはちょっとおちょくり、時には真剣に、小松にとっては余計なおせっかいでしょうが、気に掛けていました。
ですから今回は社員全員が心からうれしく、こんなに楽しい結婚式はなかなかありません。

NEC_0003(勝巳と小林杜氏が嬉しそうに談笑しています)

 ここに至るまでには、豊野蔵の近くにある小松の行き付けの喫茶店「珈琲日和」の柳沢マスターやお店の常連さん、新婦の友達、うちの森本などがいろいろ画策したようです。お手柄です。
今期の造りには、このほのぼのとした温かさが酒に表現されるといいな、と思います。

(田中 隆一)

職場体験学習

2011年8月31日 水曜日

昨日は鎌田中学校から赤穂君、澤本君、塩原君、田中君の四名が職場体験にきてくれました。
みんな真剣に作業に取り組んでいました。

P1010265

四人を見ていると僕も中学校の時を思い出してしまいました。
少しでも昨日の体験が学校生活でいきてくれたら嬉しいです。
僕も中学生の元気な姿を見てパワーをもらいまた頑張ろうと思います。

(澤田 隆義)

八重原を訪ねて

2011年8月30日 火曜日

昨年に引き続き、目聞塾を東御市の八重原で開催しました。うちやま酒店さんに集合して内山さんの案内で高台の八重原地区へ。
今回もメインは八重原の田んぼ散策と契約農家との交流です。小雨混じりの中、柳澤さんの田んぼからスタート。

ken

ザリガニやらイモリやらタガメやタイコウチなどなど、学校の理科の先生がいたら、きっと暗くなるまで捕まえていそうな貴重な生き物たちのすみかでした。講師の橋本さんと一緒に、童心に戻った気分であぜに沿ってザリガニを追いかけたりしました。肝心の酒米「ひとごこち」の田んぼはというと、すくすくとお行儀よく育っていました。こんな環境で育つ米はすごく幸せだなと思います。完全無肥料のコシヒカリの田んぼも見学しましたが、稲穂が何と力強いことか。ぜひ一度食べてみたいものです。

次に笹平さんの田んぼを見学。

画像が見当たらなくすみません!

ここにもいたいた、すごい数のタニシたち。石ころに見間違うくらいの大きなタニシがゴロゴロしていました。泥を吐かせてタニシ汁にでもして食べたら腹いっぱい食べられるのに、地元の方々はほとんど見向きもせずなんともったいない。肝心かなめの「ひとごこち」は、だいぶ稲穂もふっくらとさせていました。来月20日頃からの刈り取りだそうです。今から楽しみです。

最後に白倉さんの田んぼへ。

taku
宿泊先の明神館さんから見下ろせる位置にあり、宿舎の露天風呂からしっかり見ることが出来ました。翌朝、露天風呂から眺める景色は、霧に包まれた田園風景が水墨画のように美しかったです。遠くに眺める浅間山のスロープもとてもなだらかで、八重原の風景にすごく合っていました。

宿舎に戻ってからは、契約農家の3名を囲んで、彼らの米で造ったお酒「八重原大吟醸」を酌み交わしながら、親交を深めました。そのなかで、笹平さんからすっごい話があって、八重原にはロブスター級のザリガニがいて捕まえたことがあるとか、うまい棒くらい太いドジョウがいて、それも捕まえたことがあると自慢してくれました。それもつい最近のことだとか。なかなか想像はつかないですが、どうも八重原はそんな生き物が普通に生息している土地なのかもしれません。

いろいろな話の中で、目聞塾のメンバーが中心となって八重原の田んぼ散策ツアーをぜひやろうという話になりました。松本平の田んぼ散策ツアーとともに多くの皆さんに酒米作りに興味を持ってもらったり、契約農家の方々と触れ合うことでお米やお酒により親近感を抱いてもらえたらと考えています。怒られてしまいますが、田んぼは別にしても、穏やかな自然や普段見ることのない生き物に触れたりするだけでも、ここ八重原に来る価値があると思います。ぜひみなさん一度ならずこの八重原を訪ねてみてください。

※ 画像は萬屋酒店の憲さんに提供してもらいました。ありがとうございました。

(関澤 結城)