2011年7月 のアーカイブ

そろそろ…

2011年7月30日 土曜日

そろそろ、仕込みの準備が始まります。
7月も終わり後一月で本格的な準備に入るのですが、その前に、釜の足場や御手洗いの扉等、大切に長く使うためにはお手入れが重要です。一昨日・昨日と森本、小松、林の3人で新品の様にお色直しをしました。

2011-07-29 17.34.12

 

2011-07-29 17.34.35

 2011-07-29 17.34.54

(田中 勝巳)

田んぼ散策ツアーのお知らせ

2011年7月28日 木曜日

早いものでもうすぐ7月も終わりです。
暑い日が続いていますが、来月21日の日曜日に「田んぼ散策ツアー」をおこないます。松本の蔵周辺にある契約農家が丹精込めて栽培する酒米の田んぼを見学するツアーです。お盆明けということで猛暑の最中でのイベントになりますが、活気あふれる契約農家のスタッフの皆さんとも触れ合っていただきます。

当日の簡単なガイドをしてみます。

集合場所は松本本社工場です。午前8時40分から受け付けを開始して、9時から出発式をおこなってスタートです。浜農場さんの田んぼ、高山の里さんの田んぼを巡ってからやまだふぁーむさんの田んぼを訪ねます。
ここまではウォーキングで田んぼ散策です。
続いて、新村駅からバスで細田農産さんの田んぼを見学して、美ヶ原温泉「ホテル翔峰」に移動します。松本平を一望できる温泉ですっきり汗を流してもらいまして、契約農家の方々と語らいながら食事をとります。もちろん契約農家に育ててもらった酒米で仕込んだお酒を飲みながらの会食です。契約農家の皆さんのお米作りに対するこだわりやエピソードなども聞くことができます。
午後4時の解散を予定しています。

今回の募集人数は20名です。
参加費は、保険料、食事、飲み物代込みで6,500円(税込)です。

お問い合わせ、お申し込みは大信州酒造 田中または市川までお願いします。

ご連絡先は
TEL    : 0263-47-0895
FAX    : 0263-47-8007
E-mail : info@daishinsyu.com
となっております。よろしくお願いいたします。

(関澤 結城)

手いっぱいの会ありがとうございました

2011年7月25日 月曜日

黙っていても汗が吹き出るような暑い日でしたが、大勢の皆様に参加していただいて、大変嬉しかったです。昨年より多く用意した「仕込水」が品切れになってしまったのには、驚きました。

(浅野 二郎)

本当に多くのお客様にご来場いただきまして、感激しました。あまりお酒の説明がうまく出来ませんでしたが、お客様の笑顔に救われた感じがします。ありがとうございました。

(窪田 伸一)

IMGP0039

たくさんの嬉しいお言葉を頂き、とても感激いたしました。ありがとうございます。来年も皆様に美味しいお酒をお届けできるよう頑張ります。

(森本 貴之)

みなさんの「美味しい」という声をたくさん頂けたことがとても嬉しかったです。また今年も頑張って造りますので、来年も宜しくお願いいたします。

(小松 剛)

IMGP0041

今年で、2回目になる手いっぱいの会でしたが、去年のようにたくさんのお客様がきていただけるか、不安でいっぱいでしたが、予想をはるかに上回る多くの方に来ていただいて、本当にありがたさで胸がいっぱいになりました。みなさんの明るい笑顔でまた一層元気に働けます。ありがとうございました。

(村井 康訓)

今年は裏方に徹していたので、お客様と触れ合う機会が少なかったのですが、来年の手いっぱいの会では、たくさんお話できることを楽しみにしています。

(林 眞也)

IMGP0043

たくさんのお客様にお越しいただき、盛大に会を執り行えたことを、嬉しく思います。皆様からの励ましの言葉や、お褒めの言葉を糧に、日常の仕事を熱意と愛情と調和を以って、頑張っていきます。

(小松 哲也)

僕自身、初めての手いっぱいの会でしたが、お客様の喜ばれる姿を見てまた日々の業務を一つ一つ頑張っていきます。本当にありがとうございました。

(澤田 隆義)

IMGP0049

今年もたくさんのお客様にお越しいただきありがとうございました。まだまだ、暑い日が続きますが、夏バテせずに、お元気で。来年も心よりお待ち申し上げます。

(田中 美保)

昨年に引き続き、多くのお客様にご来場いただき誠にありがとうございました。みなさまに楽しんで飲んでいただけてよかったです。また、来年もお待ちしております!!

(市川 彩乃)

IMGP0052

皆様、たくさんの笑顔をありがとうございました。今造りも、もうひとつ上の味を目指し、来年7月また笑顔を見れるように頑張ります。

(田中 勝巳)

昨年に引き続き本当に大勢の方にご来場いただきました。心から感謝しています。酒米を生産してもらっている契約農家の皆さんにもご参加いただいたり、とにかく大信州の良き理解者に囲まれてのイベントでした。来年も社員全員で頑張って「手いっぱいの会」を企画したいと考えております。皆さんありがとうございました。

(関澤 結城)

夏の酒「大信州 純吟微発泡」

2011年7月22日 金曜日

大信州には発泡性のある生のうすにごり酒がいくつかあります。分かりやすく説明すると、和製シャンパンって感じでしょうか。
リリースする季節によってにごり具合を加減して発泡感を調整しているのですが、相手は生き物なのでこちらが思っているように言うことを聞いてくれません。
発泡が強すぎると開栓した時に思いっきり噴いてしまってお客様からお叱りを受け、弱ければ弱いで「噴かない!!」とお叱りを受ける面倒なお酒ですが、上手く仕上がるとメチャクチャ旨い酒です。
今期造った発泡うすにごり酒はどれも発泡感激弱。詰めた当初は開栓時に「プシュ」ともいいません。いろいろ原因を考えて工夫はしてみましたが、お客様には相当物足りない感じでした。

大信州では夏向けに「大信州 純吟微発泡」という発泡性のお酒があります。
ph_ex_junginbihappou

6月中旬から出荷を始めましたが、当初、口に含むとシュワシュワ感はあるのですが、開栓時に泡が上がってこない。「今回もダメか~」と諦めていました。
それでも、飲めば美味しいので先日の手いっぱいの会に出したところ、シュワっと泡が立ち上がってくるではないですか! 味も滑らか。
よし、飲み頃間近、これからますますガスがたまって、いよいよ8月には絶好調!!

やっと来たかー、と何だかうれしくなって在庫を確認したら「在庫あまり有りませ~ん」というつれない返事。
う~ん、上手くいかないものです。

どこかで見かけたらお早めに飲んでください。

(田中 隆一)

今年は高級酒がでています

2011年7月20日 水曜日

今年は少し高めのお酒の要望があるように感じます。
「手いっぱい」や「金賞受賞酒」は発売早々に底をつき、当蔵得意のシングルカスク「仕込シリーズ」も、夏まで発売予定だった「仕込45号」が6月初旬に完売。
お客様からは「次は何号? いつ出るの?」と催促をいただき、急遽、冷蔵庫にしまってある純米大吟を全て引っぱり出して選考会をしました。

お客様は「仕込シリーズ」にインパクトを求めているように感じているので、味口も香りもはっきりしている「仕込59号」で行こう、ということになりました。

shikomi59

お米は、大信州では珍しい混合使い。山田錦と金紋錦で醸しています。
そう思って味わうと
「巾があって味もある」

それぞれの特徴が出ているような気もしないではない。
先入観が邪魔して、思い込みのような気もしますが、皆さんの感想はいかがでしょうか?

(田中 隆一)

「手いっぱいの会」無事終了

2011年7月19日 火曜日

今年の「手いっぱいの会」が無事終了しました。

昨年、「大信州 手いっぱい」がIWCで金メダルをいただいたことがきっかけでこの会を開催したところ、ビックリするほどお客様に喜んでいただき、これに気を良くして毎年の定例行事にしようということになりました。

会を催すだけなら気楽ですが、そこにお越しいただくお客様がいなければ意味がありません。毎回「お客様来てくれるだろうか?」と心配になりますが、有難いことに今回も120名近いお客様にご参加いただきうれしい限りです。有難うございました。

IMGP0044

IMGP0047

IMGP0051

今年は、IWCで「大信州 純米吟醸NAC」が金メダルをいただいき、加えて全国新酒鑑評会で金賞受賞と、花が2つ添えられての開催です。

ph_nac_hitogokochi

ph_ex_kinshou

今年の出品内容は、華やかさが特徴の大吟タイプからしっとり落ち着いた純米タイプと、味わいの幅があり、僕個人としても楽しめた内容でした。

こんなこと蔵の皆が許してくれないでしょうが、一度会費を払ってこの会に参加してみたいですね。

(田中 隆一)

梅雨明けしたら梅酒仕込み♪

2011年7月19日 火曜日

先日梅雨明けして、早くも本格的に夏が到来しました。連日の猛暑日・真夏日の中、僕も(暑い~}(-o-;) って言いながら毎日頑張ってます。
さて今年も恒例の梅酒用の『梅洗い』をやりましたよ。
前日朝採りして、今朝届いた群馬県榛名山産の南高梅、箱を開ける前からイイ香り♪

110712_0943~01
箱を開けると黄色く完熟した梅達が顔を見せました。中にはほんのり赤くなっているのもあります。これ、南高梅の特徴です。
一面に広がる香りはまるで杏や桃のよう。今年の熟し具合はイイんじゃないでしょうか。(゜∀゜)一つ一つ竹串でヘタを取った梅は水洗いします。

110712_1143~01

水洗いした梅をタオルで水気を取ってから、更に扇風機で乾かします。
しっかりと水気を取るのが梅酒を上手く造るコツ。

110712_1550~01

乾かした梅を仕込み用のネットに入れて本日の作業は終了♪

110712_1550~02

まだまだ出来上がりは先になりますが今年の梅酒いい感じで仕上がる予感。どうぞお待ちくださいませ。m(_ _)m

(小松 剛)

大阪酒の会

2011年7月19日 火曜日

一年ぶりの大阪です。
ブログにもアップされていましたが社員旅行で関西(奈良、神戸)に行き、そのまま最終日に大阪入り。
大阪茨木市にある『にしじま酒店』にしじまさんの企画で二日間連続してお酒の会をさせていただきました。
1日目『海鮮ダイニングおとと』さんこちらのお店は、お酒の会の前に全員でブラインドできき酒(*_*)ビックリしました。10種類のお酒を真剣に!!値段まで当てていました。

DSCN0003

 

DVC00229

DVC00230

DSCN0004

DSCN0007

(田中 勝巳)

梅の実視察

2011年7月19日 火曜日

毎年恒例になっている群馬の南紅梅を視察して来ました。
今年も春先に冷え込みがあったのですが、見てください!

DVC00218

DVC00219

左から大利根漬け富澤さん、生産者の永井さんです。

DVC00300
このお二方がタックを組んで大信州に最高の梅を届けてくれます。
永井さん談
「今年も有機肥料だけで作ったからほら3L4Lでちゃんと届けるよ♪
皆さん、楽しみにしていてください。」

DVC00301

(田中 勝巳)

ありがとうございました。

2011年7月16日 土曜日

7月15日、松本大名町のアルモニービアンで第2回大信州手いっぱいの会を開催しました。大勢のお客様にお越し頂き心から感謝しています。ありがとうございました。会場前の準備が一段落して、少しほっとしたスタッフと会の模様です。
お客様に、喜んで頂ける様に、1年努力して…また来年この会場に立てる様にしたいと思います。

110715_173549

110715_210128

110715_210136

仕事先の軽井沢のお得意様でお弁当を食べながら。600円のしょうが焼き弁当、いけてます。
洞澤昇明でした。

(洞澤 昇明)