2011年2月 のアーカイブ

3月6日は大信州の蔵開き

2011年2月28日 月曜日

豊野蔵の蔵開放を3月6日(日)におこないます。午前10時30分から午後3時30分までの予定で、清水範子先生による琴の演奏や蔵見学など、皆さんに喜んでもらえる企画を用意しています。新酒や甘酒の試飲や、酒粕を使ったちょっとした料理などもただいま準備中です。お楽しみに。

当日の主なスケジュールは以下のとおりです。

午前10時30分より 蔵開き

午前11時00分より 第1回ライブ(琴の生演奏)

午前11時30分より 第1回蔵見学

午後1時30分より   第2回ライブ

午後2時00分より   第2回蔵見学

午後3時30分     終了

 

当日は、蔵のある豊野地区の酒屋さんに集まってもらって、「豊野蔵 朝しぼり」を瓶詰します。このお酒、豊野地区の酒屋さん限定の商品で、槽場(お酒をしぼる場所で「ふなば」と言います)で詰めるピンピンの純米吟醸です。毎年、ちょっと炭酸ガスがかんでいて、シュワシュワ感に人気も上昇中です。残念ながら、当日の蔵での販売はございませんので、ご面倒でも蔵のある豊野町の酒屋さんにお出かけの上、お買い求めください。

昨年はとても寒い一日でしたが、今年は良い天気になりますように。皆さんのご来場を心よりお待ち申し上げます。

翁の会の皆さんようこそ!

2011年2月28日 月曜日

26日(土)に「翁の会」のみなさんが豊野蔵を訪ねてくれました。「翁の会」のメンバーは府中市の和食たか田さんに集まる根っからの日本酒愛好家たち。毎年、大信州の出来栄えを確かめに(?)わざわざ蔵まで足を運んでくれます。

DVC00082

DVC00085

DVC00086

蔵見学やきき酒をしてもらったり、契約栽培をしてもらっている生産者(今回は、松本平から「高山の里」の高山さん、「浜農場」の浜さん、「細田農産」の細田さん、東御市八重原から「八重原米研究会」の柳澤さんの4名)と座談会を開いたりしました。大信州をより身近に感じてもらえたらなぁなんて思いました。

(関澤 結城)

今年の責任仕込みは如何に!?

2011年2月23日 水曜日

若手(?)責任仕込みが始まりました。
お米は県内産ひとごごちの50%精白。味も香りも昨年よりひとまわりふくよかな純米大吟醸を目指してます。

これは初添の様子。酒母からここまでは順調にきましたね。酵母の個性がしっかり香りに出て甘味と酸味のバランスも良く、今後に期待が持てる感じです。

2011022109270000

2011022109270001

そしていよいよ留仕込み。十分さらして手を入れて、仕込み温度はバッチリ決まりました。
これから気の抜けない勝負の30日間が始まります。

morimori

(森本 貴之)

新橋で試飲会

2011年2月22日 火曜日

先日、さかや栗原麻布店さんの試飲会に参加さていただきました。

110220_145119

東京では毎年9月に大信州単独で「大信州目聞会」という試飲会を開いていますが、酒販店さんにお声掛けいただいて参加する東京での試飲会は久しぶり。
今回は、栗原さんとお付き合いのある蔵から旬の生酒1種類を基本に、メインで紹介する蔵は大信州という構成です。
1蔵1アイテムと言っても並んだお酒の数は見事、30本以上あったのでは?どの蔵も実力のある蔵ばかりで競争の厳しさを実感させられます。我々にとっては刺激うける絶好の場面です。もちろん閉会後は気になる蔵の酒をチェック。最近の傾向や今年の造りの難しさも垣間見ました。

開場時間前なのに既に超満員。

110220_150027

110220_145345

ビックリしたのは、お越しいただいたお客様は若い方がほとんど。栗原さんのスタッフが若いのでそれに呼応しているんでしょうか。みなさん熱心にきき酒をしていて、滞在時間が長いのでいろんな話ができたり聞けたりで、充実した半日でした。

110220_144905

閉会後は栗原社長、麻布店の山本店長、阿蘇さん、仕事抜きで来ていた町田店の篠田店長、私の5人で恵比寿の「時の間(ときのま)」さんで反省会。
ここでもいろんな蔵の新酒をとっかえひっかえ利き酒しながら楽しい話、まじめな話で大いに盛り上がって、さらに充実度アップの1日でした。
それにしても東京の飲食店さんはかっこいい店が多いですね。「時の間」さんも松本にはちょっと無いような洒落た空間です。料理がおいしく、お酒もおいしく、居心地がいい空間が一番、そんなお店でした。

(田中 隆一)

信州松本おらが酒呑み歩き

2011年2月21日 月曜日

今日は「信州松本おらが酒呑み歩き」のご案内です。

nomiaruki2011

このイベントも今年で3回目になります。
4月9日土曜日の午後1時から午後6時までの間、松本周辺の地酒をご堪能いただくイベントです。
会場は、昨年同様パルコ前の「花時計公園」と、松本城近くの「大手門駐車場」の2箇所で、
大信州の出展は、今年は「大手門駐車場」になります。
松本駅から歩いて15分ほどで、近くにはナワテ通りや四柱神社などの観光スポットもあります。
花時計公園からはしごしていただいてもいいですし、ほろ酔い気分で松本城で花見なんてのも粋かもしれません。
大信州は新酒を中心に出品する予定です。
どうぞお楽しみに。
前売り券が絶対お得ですのでお薦めします。
お求めは松本酒造協会ほか、松本周辺の各蔵元などで承ります。
お問い合わせは、松本酒造協会まで 電話:0263-24-3606

(関澤 結城)

久しぶりに金沢

2011年2月21日 月曜日

久しぶりに金沢へ行ってきました。前回は何年前に行ったのか覚えていないくらい久しぶりです。
今回は金沢の酒屋さん「酒のぬまた」さんと飲食店さん「ごっつおや ふく美味」さんの共催で大信州の新酒を楽しむ会を開いていただきました。

ふく美味さんは中心部からちょっと離れたところにある隠れ家的なお店って感じ。ガタイはいいけど優しい顔のご主人と元気でかわいい奥さん2人でやっています。

110218_183053

ご主人の宮本さんは料亭で修行されてお店を出されたとのこと。地物の魚が豊富で、変わり種がいくつもあったり定番メニューも充実していて、料理に情熱があるのが伝わってきます。食べる前から“うまいこと間違いなし”です。
本日の仕込み中
110218_182913

会は満員御礼、「次は皆でバスを仕立てて蔵へ行こう!!」と大盛り上がり。おいしい料理と大信州の新酒の組み合わせにみなさん大満足していただいたようです。

110218_213820

お客さまを送り出した後は、引き続き沼田さんのご馳走で反省会。のどくろの焼き物(こんなの食べたことない!)、ニシンの刺身、ゴツイ顔した聞いたこともない名前のエビ2種(名前忘れました)、出し巻き卵(何気ないけど激ウマ)ブリの刺し身とブリかま(油が軽くてビックリ、これならイケる!)など、ふく美味さんを満喫しました。
今度は仕事抜きで、ネクタイはずして普段着で行きたいお店です。

(田中 隆一)

大吟醸1本目

2011年2月17日 木曜日

ブログを見ている皆様、ご無沙汰をしています。年明けから仕込み始めた35%物の大吟醸を今日搾っています。久しぶりなので今!を写真で伝えます。

DVC00088

DVC00090

 
袋吊をしている所です。

DVC00095

DVC00096

 

吊す袋にモロミを入れています。

DVC00098

DVC00101

DVC00103

DVC00106

DVC00108

DVC00113

 

おい常務!上手くいったで写真を撮るか!杜氏さん満面の笑みです!

DVC00126

DVC00127

(田中 勝巳)

久々の快晴

2011年2月17日 木曜日

冬の晴れた日はなんて気持ちいいんでしょうか。空気が澄んで遠くの山が綺麗に見えます。

2011021612570000
こんな日こそ布団を干さねば勿体ない。まだまだ寒い朝から干してみました。

2011021612560000
恥ずかしながら、今期蔵入りしてから初めて干します。なんだかスミマセン。
明日から大吟醸の袋搾りが始まります。今夜はフカフカの布団でしっかり体を休め、明日からの一大イベントに備えます。

(森本 貴之)

最近の大信州は辛口傾向

2011年2月15日 火曜日

最近の大信州はやや辛口傾向です。
甘めの酒でも切れの良い酒はありますが、やはり食事と一緒に飲んでいるとちょっと杯が進みづらくなったりします。
辛口は、酒だけきいているとちょっと物足りなさを感じたり、もう少しインパクトが欲しくなったりしますが、個人的には、辛口でありながらも旨みの乗った「後味切れる芳醇辛口」が好みです。

そんなこともあり、ここ数年挑戦しているのが超辛口の純米大吟醸。
毎年2本仕込み、仕込シリーズで商品化しています。今年は仕込15号(完売しました。すみません)と仕込32号。

22BYshikomi32
どちらも軽快で果実味もあり、後味切れる辛口です。15号と比べると32号はさらに軽快かもしれません。「軽快、旨辛」って感じでしょうか。

http://www.daishinsyu.com/prod_2010w.html#shikomi32

純米大吟ですが、気楽に何気なく、食事の際に隣においてほしい脇役の酒です。

(田中 隆一)

大雪!?

2011年2月12日 土曜日

せっかくのお休みに大雪かなっと思いましたが案外大したこと無く終わりそうです。
三連休の方も沢山いらっしゃるでしょうがあいにくです。
昨日、松本では、四柱神社にて青山繁治さんの講演が有り社長をはじめ4名が参加し、松本市内では県外車を多く見かけました。
松本では大雪が降らないと春が来ないと言われてますが、春が待ち遠しいです。

20110212-1

20110212-2

(田中 美保)