2010年10月 のアーカイブ

大信州の最高峰

2010年10月30日 土曜日

今年の大信州の最高峰を詰めています。

101028_103245
1,000本以上の瓶囲いの中から選りによった部分だけを抜き出し瓶詰めします。720ml詰めで各50本ずつ。

 kozuki21BY(jpeg)
小売価格は、1万円(左側:銀文字)と2万円(右側:金文字)です。

2万円と1万円はどこがどう違うのかとよく聞かれますが、最後は蔵の好み。きき酒して一番気に入った取り口が2万円、次が1万円になります。人によっては「1万円の方が好きだ」という人もいますがそれはそれでOK。

101028_103314

あまりの旨さに、ついニッコリ。

 (田中 隆一)

楽市楽座

2010年10月26日 火曜日

松本の楽市楽座へ出向いて、お酒の販売をしてきました\(^-^)/

今までは松本城でやっていましたが、今回は「やまびこドーム」が会場となり天気にも恵まれ、まさに絶好の秋晴れでした。開始と共にたくさんのお客さんが流れ込み大賑わい!!

P1000159

P1000167

ところがみんな一直線でどこへ群がると思い見てみたら、そこに歌手の岩崎良美さんがゲストで出演していて、生『タッチ』感動(/_;)/泣

P1000164
屋台もB級グルメが多く、とても美味しそうなので、お昼は富士宮焼きそばを初めて食べ、全国B級グルメの食べ歩きをしたいなぁと思いました(^_^)

P1000166
あとは、長野県にJリーグチームをっ!ということで、「松本山雅(やまが)FC」。あと少し勝てばJ2への昇格が期待出来るところまできているので、是非ともがんばってほしいですとスタッフの方と話をできてよかったです(^o^)

P1000163

 

(村井 康訓)

仕込1号槽場詰めの醪(もろみ)が立ちました

2010年10月21日 木曜日

もろみが3本立ちました。槽場詰めになるモロミです。

爽やかな香りが立ち上がり、発酵中の炭酸ガスが鼻をツンと刺激します。う~ん、いい香り!!今年の香りは軽快で爽やかさがあるように感じます。

101020_105209

勢いよくシュワシュワと発酵しているところです。元気です。

101020_105148

(田中 隆一) 

リニューアル!

2010年10月19日 火曜日

10月に入り、松本本社のあるところがリニューアルされました。その場所とは…

そう!お手洗いです!松本本社にはトイレが2ヶ所あるのですが、今回リニューアルしたのは工場に近いほうのみんながよく利用するトイレ(^ω^ )

毎朝、社長が素手で(!)亀の子たわしを使って掃除をしているのですが、建物の老朽化にはかないません…

リニューアルしてくださったのは、建築塗装業の金井さんです!豊野の蔵のほうではいつもお世話になっているのですが、今回は松本本社の屋根の塗装をおねがいしました(^ο^)

そしたらなんと!お手洗いのリニューアルまでやってくださったのです!

外観

101019_1300~01

手書きのロゴ

101019_1259~02

しかも、私がお手洗いから出てきたのを見て、左はピンク色にしてくれましたー(^人^)パチパチ

101019_1259~03
すっごいうれしい私なのでしたー

(市川 彩乃)

長野酒メッセ

2010年10月18日 月曜日

先日長野酒メッセがありました。入場者はどうやら2,000人を超えたようで、仕事帰りの方々で賑わう午後6時前後は会場の盛り上がりも最高潮に達していました。

大信州のブースには顔馴染みの面々をはじめ、たくさんの方に足を運んでいただきました。ありがとうございました。新酒お披露目会にも参加してくれたメンバーも何人も来場してくれました。

101014_193839

101014_193959

101014_194052

今回は秋の酒を紹介しようということで、ひやおろしを中心に構成しましたが、一番人気だったのが「秘伝大吟醸 香月(こうづき)」でした。普段飲みたくてもなかなか飲めないからと本音トークを添えて、わざわざ指名して飲みに来てくれた方が何人もいました。昨年よりも多めにお酒を準備しましたが、結局閉会の30分前に空になってしまう事態で、「香月」目当てのお客様には御迷惑をおかけしました。すみませんでした。

「秋の純吟」もたくさんの方に飲んでもらえました。味わいはもちろんのこと、コストパフォーマンスの高さも売りにして注目度はナンバーワンでした。

それから、来月から720mlの瓶型変更を進めていきますが、それに使うちょっと背の高い瓶をじっくり見てもらうことができたのも良かったです。

おかげさまで人の絶えない、とっても賑やかなブースになりました。ありがとうございました。

(関澤 結城)

今期最初のお手伝いさんは・・・!?

2010年10月13日 水曜日

蔵に入って、約二週間が経ちました!今年は気温が温かくて、蒸しを掘る度に、雨にうたれたかのように汗をかいています!!

さて、今期も早々に来蔵してくださったお客様がいます!!そのお客様は………甲子屋さんの小川聡さんです!!(写真右)

101009_134446

愛車で来蔵したのも束の間……仕事をして頂きました!あいにく小林杜氏さんが休みだったので大信州土木クラブは活動休止でしたが、麹室と洗米と甘酒の麹の選別を手伝ってもらいました!

101009_145406

101009_134413

毎年、たくさんの方々に来蔵して頂いてますが今年も、ケガなく病気なく蔵人一同、皆様をお迎えしたいと思っていますので、よろしくお願いします!!

(林 眞也)

ヨーグルトのような…

2010年10月12日 火曜日

精米が始まり、米洗い、麹造りが進み、いよいよ酒母が立つようになりました。

101006_1726~01

写真は今年の『槽場詰め』となる酒母です。仕込んでから2日目~3日目くらいが米の甘味と乳酸の酸味が絶妙なバランスになり、まるでヨーグルトのような味わいになります。『旨い♪』デス(*゜∀゜*)

『このまま瓶に詰めればイイのに…』って思いながら毎日味見してます。『槽場詰め』今から楽しみです。

(小松 剛)

お世話になりました。

2010年10月7日 木曜日

9月13日、『地酒と米のときわ』さん主催のお酒の会に出席しました。

開催場所は北海道浦河郡浦河町堺町西4-4-65 『さかずき屋』さんです。Yahooグルメを見ると隠れた名店全国の地酒がそろっている、お料理が美味しい、日高界隈では有名なお店でした。実は、「大信州 豊乃蔵 洗練辛口・洗練吟醸」のラベルを書いていただいた方のお友達がやっているお店なのです。

DVC00172

左からご主人、奥様、お母さんです。

 

 DVC00171

こちらの写真は「地酒と米のときわ」の社長さんです。(わざわざ暖簾を持ってきてお店の前にかけてくれました)

皆様のおかげでよいお酒の会にすることができました。ありがとうございました。

(田中 勝巳)

10月1日

2010年10月5日 火曜日

あっという間に初洗いの日を迎えました。

DVC00175

DVC00176

DVC00177

豊野蔵、私も入れて5人衆全員で今年の契約栽培米ひとごこちを洗米しました。久しぶりということもあり恐る恐る洗ったのですが・・・今期は初っ端の洗米は50%物。森本に『60%物で試してからやったら』と言うと、『初めから気を入れてやるので50%物でやらしてください』・・・気合入ってるなー 初室ということもあり目標は35%吸水、小林杜氏と天眼鏡で確認しながらバッチリ決めてきました。狙い通りお見事でした。

DVC00173

今年も大信州は29日(大安)蔵入りし、1日初洗い、2日初蒸かし、麹引込みと毎年のリズムで仕込みをはじめました。先ずは、槽場詰に向け皆さんに来ていただいたときに、今年も『旨いね』、『感動したよ』、『幸せを実感したよ』と言っていただけるように社員全員で頑張りますのでよろしくお願いします。

(田中 勝巳)

おめでとうございます!

2010年10月5日 火曜日

今年は9月に北海道を訪問しました。例年7,8月にお邪魔させていただいていましたが、今月北都千国会の商談会が(小松さんの書いたブログです)あり、これに合わせて9月10日~14日の日程でした。

DVC00167

今回は、初日早速夕飯をご馳走になった『銘酒の裕多加』さんのご家族を紹介します。最初の写真は、いつも笑顔の熊田社長と奥様(この場所で美味しいコーヒーとお茶を飲ませていただいています)ちなみに今日の献立は『鳥葱』(昨年お邪魔したときにリクエストをしていたのを覚えていてくれ作ってくれました。あまりの美味しさにがっついてしまい・・・写真がありません)当然最後の締めは海鮮丼。松本に帰ったら歩かないと・・・

DVC00166

次がたまたま休暇で(現在ジョイフルエーケーにお勤め)帰省していた長男 智通君(体格が良いのは柔道を大学までやっていたからです)、今回もホテルまで愛車『黒のマニュアルレガシー』で送っていただきました。ありがとうございます。

さて本日のメインとなります。熊田カーリン、理恵夫妻、現在『銘酒の裕多加』を社長、店長、従業員の方と切り盛りをしています。皆さんお気付きだと思いますが、理恵さんのお腹・・・この写真を取ってから12日後見事に無事第一子が誕生しました。

DVC00162

2010092615320000
理恵さんも目鼻立ちがくっきり、カーリンは当然くっきり。でもどことなくおじいちゃんに似ているのかな?とにかく、おめでとうございます。

(田中 勝巳)