‘イベント報告’ カテゴリーのアーカイブ

今年のひとごこち、金紋錦は順調です♪

2012年8月20日 月曜日

今年で2回目を迎える「大信州田んぼ散策ツアー」が先日の土曜日にありましたよ。

DSC_1049

雨男が多い大信州ですが(^^;この日はカラリとした空気が心地よい好天となり、まさに散策日和でした。ツアーは下新駅を出発し、約5~6kmの距離を歩きながらそれぞれの契約農家の方の田んぼを見学します。今年は穂が出るのが早かったらようですが順調に生育していて、刈り取りも例年通りの9月上旬になるとのこと。良かった~(^.^)

DSC_1050

DSC_1054

そして、農家の方の田んぼで獲れたコシヒカリのおにぎりを田んぼを眺めながらほお張る♪  なんて贅沢なんでしょう!!(*´)ε(`*)

DSC_1055

そしてさらに、このイベントの何よりも良いところは、大信州を飲んでくれているお客さん、酒屋さん、米農家の方たち、ぼくら大信州が一体になれることです。嬉しいです♪

DSC_1058
ご参加頂いた6名のお客様、お暑い中でしたが本当にありがとうございました。来年も是非たくさんの方のご参加をお待ちしております。m(__)m    

(小松 剛)

田んぼ散策ツアー2012

2012年8月20日 月曜日

8月18日に急遽日程を変更して開催した「第2回 田んぼ散策ツアー」。前夜までの天気予報が外れてくれて、晴れ間の見える集合場所の下新駅を予定通り出発して、先ずは第一休憩所の古宮神社で参加者の自己紹介をおこないました。

komiya

次に向かったのは「高山の里」さんの社屋です。高山さんの特製のおにぎりとお漬物をいただいてパワーアップしてウォーキング続行です。きれいに整備された社内で気持ちが良かったです。

takayamanosato

次の目的地は、「浜農場」さんの田んぼです。今年のIWCの純米酒部門でトロフィーを受賞したお酒の原料が収穫された田んぼと同じところに今年も作ってもらいました。アルプス連峰を仰ぐ素敵な田んぼで今年もすくすくと育っていました。ここでも美味しい浜さんお手製のおにぎりとプルーンを頬張って、次の目的地へ。

hamanojo

次なる目的地は「高山の里」さんの田んぼで、松本本社から直線で700mほどの地点にあります。ここでは、「ひとごこち」と「金紋錦」を隣り合わせで栽培してくれていて、稲穂の状態で違いがはっきりとわかります。見た目では、「ひとごこち」のほうがワサワサとして、穂にたくさんの粒がついている感じです。「金紋錦」はすこし丈が短くて、コロッとした感じでした。これから、熟していって刈取りまでにはきれいな黄金色になってとってもきれいです。

takayamanosatotambo

さあ、残るは「おひさまファーム」さんの田んぼです。この「おひさまファーム」さんは、今年から契約栽培をお願いした団体で、「ひとごこち」を栽培してもらっています。工場裏手200mほどのところで、すくすくと育っていました。大久保さんから本格的な酒米の栽培に取り組む意気込みやエピソードなどを話していただきました。

ohisamafarm

本社に戻ってから、居酒屋「一歩」さんに移動して「N.A.C.を楽しむ会」を開催しました。参加者全員で意見交換をしながら、生産者別のお酒を楽しみました。ウォーキングに参加してくれた浜農場のお二人は、自社主催の勉強会に参加ということで残念ながら欠席されましたが、研究熱心な姿に頭が下がります。

izakayua-ippo

ぼくらは、ほろ酔い気分で「一歩」さんを出て、ふらりふらりとパルコ前の花時計公園へ全員で移動。サマーフェスト2012で、ビールを美味しくいただきました。浜幾洋君とはここで合流。お疲れ様でした。

(関澤 結城)

手いっぱいの会大盛況でした

2012年7月27日 金曜日

お陰様で大盛況のうちに手いっぱいの会が終了しました。

本当はもっとたくさんのお酒をお披露目したいのですが、時間制限があるので今回は7種類。

 

この会の名前にもなっている「手いっぱい」に始まり若手責任仕込み、IWCのトロフィー酒や今年の全国新酒鑑評会金賞酒は皆さんが期待するところですので、この辺もたっぷりと。

お酒については、普段なかなかできないような飲み比べを、飲みきれないほどしていただけたかと思います。

お酒は十分にご堪能いただけたかと思いますが、途中、料理が切れてしまい、その辺は来年の改善点です。

 

次回のイベントは8月18日に計画している「松本田んぼ散策ツアー」です。

松本本社の近隣で契約栽培している「ひとごこち」と「金紋錦」の田んぼを、契約農家の皆さんと一緒に散策します。

散策の合間には、その土地のお米で握ったおむすびをかじり、漬物をつまみ、その田んぼで取れた酒米で造ったお酒で軽く一杯(飲みすぎると歩けなくなるので、ほんとに軽く)。その後は場所を移して本格的に懇親会。田んぼ別のお酒をたっぷりと比べていただきます。

詳しくは近日ブログでご紹介します。ぜひご参加ください。

(田中隆一)

第2回「梅酒つくり講座」

2012年6月20日 水曜日

今年で2回目の「梅酒つくり講座」を先週土曜日に開催しました。昨年を大幅に上回る参加者(34名)で、こちらも気合がはいりました。総合講師は製造部醸造課係長の森本で、長年培ってきた梅酒つくりのノウハウをしっかりと説明してくれました。

DVC00005

前日到着した榛名産の南高梅。時期的にはやや早めなのでまだ熟はそれほど入っていませんでしたが、大きさはまずまずで見栄えのよい梅の実で仕上がりが楽しみです。

nanko20120614

一個一個ヘタを取って、丁寧に手洗いです。豊富な水できれいに洗い、きれいにすすいでから、水分をやさしく拭きとって乾燥させます。大きな氷砂糖と梅を交互に層状に重ねて漬け込み準備完了です。

DVC00006

最後に、梅漬け専用の「大信州 梅漬け原酒」を注いで終わりといきたいところですが、酒税法上問題があって、工場内では入れられないので皆さんお持ち帰りいただいて終了ということになりました。

今回参加していただいた皆さんには、300mlの瓶を持ち帰っていただいて、漬け上がった頃を見計らって、出来上がったご自慢の梅酒を持ち寄って、味くらべ会をしたいと考えています。

楽しい楽しい梅酒つくり講座でした。ご参加いただいた皆さんありがとうございました。来年もまたご参加ください。

(関澤 結城)

日本酒フェア

2012年6月18日 月曜日

先日、池袋のサンシャインシティで、一般の消費者の方を対象に日本酒フェアが開かれました。
この日は利ききれないほどのお酒を利けます。

きき酒のメインは全国新酒鑑評会の金賞酒、入賞酒、次に都道府県別のお酒のきき酒、隠れメニューでIWCゴールドメダル全種類のきき酒ができます。
こんな機会はめったにないので、一般のお客様はもちろんですが、酒蔵や技術研究の先生方も大勢集まって熱心にきき酒をしています

CIMG0139
今回は、僕と森本でお酒の確認に来ました。
我々の主な目的は、全国新酒鑑評会金賞酒、入賞酒の確認とIWCゴールドメダルのきき酒。
どんなお酒が金賞に入っているのか? 今年の傾向は? うちのお酒は現在どんな状態になっているのか・・・、気になるところです。

CIMG0140

それから、このようなにたくさんのお酒が集まる場面は、自分自身のきき酒能力をトレーニングする最高の場です。
もちろん金賞酒ばかりが並んでいるので、どれも素晴らしい酒質ですが、その中でも目を見張るほど素晴らしいものがあります。それを利き出し、しっかり記憶し、次回の造りに活かす、これ、出来そうでなかなかできない、大切なことです。

今年もありました、トレンドを越えた凄い酒が。この軽快さ、この滑らかさ、このバランス、脱帽です。
大信州は、トレンドを越えた“大信州らしさ”が目指すところです。
来期の造りの参考に、しっかり記憶しました。
(覚えているかな?)

(田中 隆一)

新酒目聞会

2012年5月28日 月曜日

こんにちは!
市川です!

昨日みなさんと会場でお約束した、新酒目聞会のブログをあげますよー♪

昨日は、大信州三大イベントの一つと言われる(!?)新酒目聞会がありました。
みなさんに受付や会場内で「市川さんのてるてる坊主で晴れたね!」と声をかけていただいたのですが、「なんでみんな私がてるてる坊主を作ったことを知ってるんだ!?」と頭の中にはハテナマークがいっぱい。そしたら、ニヤニヤ顔の関澤さんがいましたー(笑)関澤さんがブログにあげていてくれたんですね^ω^

会ではみなさんの良い笑顔がたくさん見れて私達まで嬉しい気分になりました♪
みなさんの素敵な笑顔を一挙公開!!

DSC00297

DSC00299

DSC00300

DSC00301

DSC00302

DSC00303

DSC00304

DSC00296

DSC00305

最後にはきき酒あてクイズもあり、全10種類の清酒の中から、見事お酒をあてた素晴らしい舌の持ち主はこの方たちです!

DSC00309

おめでとうございますー!!

しかし、みなさんの舌を侮っていた私達は景品の鑑評会出品酒を3本しか持っていってなかったため、じゃんけんで3名に絞りました…ごめんなさい;;

DSC00310

DSC00312
白熱したじゃんけんの末、この方たちが見事勝ち抜き、鑑評会出品酒をゲット!!

DSC00314

最後は社長の挨拶で、閉め。

DSC00315

みなさん、次は松本で行われる「手いっぱいの会」お待ちしておりますよー!

(市川 彩乃)

第100回全国新酒鑑評会

2012年5月24日 木曜日

今年の全国新酒鑑評会は記念すべき第100回目。今年も全国から製造技術研究会に参加の酒造関係者で会場は長蛇の列でした。

DVC00004

DVC00005

開始予定時間の20分前に案内されて会場へ。今年も東北地方の出品酒が成績優秀で、秋田、宮城、山形、福島のお酒を確かめたいという人でいっぱいでした。

DVC00002

主催者の配慮で、東北地方が2列ずつと、京都や兵庫なども入賞率が高く2列になっていました。それでも、山形と福島の列は大渋滞で、実際にぼくらも1時間以上待ちました。きき酒をする順番を間違えて後手に回ると、きき酒するお酒がなくなってしまうこともあって、東北の列では本当に数点お酒がなくなっていました。長野県も含め、その他の列は残念ながら1列だけで、絶えず待ちができている状況ではなかったです。

DVC00003

今年の全体的な感想はというと、きれいできき疲れしないお酒が入賞していたように感じました。香りは相変わらず高めの傾向ですが、味わいはそれぞれで、きれいな酸を伴ってしっかりとした味わいの出品酒もあれば、軽快で舌触りの心地よいタイプもあって、とにかく受賞酒のほとんどは香味のバランスが良かったです。ウチのお酒は、キリッとした輪郭があって、しっかりとした味わいが感じられるタイプで東北などのお酒とは一味違った印象です。

DVC00001

正直な話、金賞を受賞して会に参加するのと残念な結果で参加するのとは気分的にも大いに違います。おかげさまで、金賞を受賞することが出来てホッとしています。これからも一人でも多くの人に喜んでいただけるお酒造りに精を出します。受賞に際し、温かいお言葉をたくさんの方からいただきました。本当にありがとうございました。

(関澤 結城)

お礼と案内

2012年5月14日 月曜日

『長野酒メッセin 東京』に沢山ご来場いただき、ありがとうございました!
良かった点
・ここ何年か、途中でお酒が無くなり一般の方にお酒を提供出来ませんでしたが今回は最後まで満足して頂けた。
・大信州の定番商品を再確認して頂けた。
・純米中心に的を絞ったおかげで説明しやすかった。
・殆どのお客様にパンフレットを渡せた。
・三人で対応したのでお客様をお待たせする事がなかった。
等々

悪かった点
・毎年恒例のにごり酒が無かった。
・お酒の温度を確認して提供出来なかった。
・お酒のラベルが剥げてしまった。
・一番は製造部門として参加した私が回りのお客様から『あの人バリバリの営業マンネ(^_^;)))』と言われた事。(少しだけ気を付けます)

ご満足いただけなかった所も多々あったかと思いますが、今回皆さんから頂いたご意見、ご要望を次回の造りにそしてこの様な場で生かして行きます。
先ずは、5月27日長野メルパルクで開催する『大信州 新酒お披露目会』でもう一つグレードの高い形でお迎えします。

お待ちしています。

2012-05-08 13.12.59

2012-05-08 13.12.43

(田中 勝巳)

南信州酒メッセ

2011年11月6日 日曜日

今年で3回目の南信州酒メッセ。開催地は長野県の南に位置する飯田市です。ぼくのイメージではリンゴや和菓子のきんつばが有名で、特産品にのし袋などに使われる水引でしょうか。その飯田市の街中にある「りんご並木」という愛称の並木通りにテントを張って特設ブースでの開催でした。

DVC00034

この通りは、その名の通りリンゴの木が植えられていて、実際にたくさんのリンゴが生っていました。植えた当初は、りんごの収穫はたったの5個だったそうです。今では誰も勝手に採ったりしなくなったとのことです。いろいろなエピソードは以下をどうぞ。
(http://www.city.iida.lg.jp/namiki/home.html)

午前11時開始の時点でぱらぱらと小雨模様の天気でしたが、佳境に入った午後1時過ぎには天気も回復して、今年もたくさんの方が足を運んでくれました。飯田市周辺のお取扱店にまだ入っていない商品を含めて、香味のタイプの異なる4点を試飲してもらいました。

DVC00035

長野市で開催する酒メッセと違って、蔵元おすすめのおつまみが提供されます。我が社は特製のわさび漬けを持参しました。うちの大吟醸の酒粕で漬けた特製のわさび漬けで、わさびのツーンとした香りととてつもない辛みのおかげで、試食された方は思わず「ウーン」と鼻をつまんで辛みを我慢していました。このわさび漬けにピッタリだったのが「別囲い純米大吟醸」でした。辛口のお酒と合いそうだと思うかもしれませんが、旨みや甘味がほどよいこのお酒が一番合いましたね。

この日は、松本でも「酒楽まつり」というイベントがあって、洞澤さんと分かれて参加しました。松本の賑わいも思い浮かべながら、南信の皆さんと楽しいひと時を過ごさせてもらいました。ご来場いただきました皆さん、ありがとうございました。

(関澤 結城)

信州酒メッセ2011

2011年10月14日 金曜日

今年もたくさんの来場者で大賑わいの酒メッセでした。2,000人超えということで、年々ファンが増えていると楽天的な解釈をさせてもらいたいところです。ご来場いただいた皆さんありがとうございました。

DVC00019

DVC00018

DVC00016

今年もかなり多めにお酒を持ち込んだのですが、秘伝大吟醸の「香月」と、とっておきの「手いっぱい」が途中で終わってしまいました。ゴメンナサイ。

一般のお客様の開場が始まってしばらくしてから、すごい加速で大吟醸の指名が。今回の出展は、「秋の純吟」、ひやおろし2点「別囲い純米大吟醸ひやおろし」と「別囲い純米吟醸ひやおろし」、お燗にも向いた「NACひとごこち2010やまだふぁーむ」に途中でなくなってしまった2アイテムの計6アイテムです。いわゆるアル添(醸造アルコールを使ったお酒)は「香月」だけにしたのですが、「純米で!」というリクエストよりも「大吟醸お願いします!」という声のほうが圧倒的でビックリしました。クチコミというか人づてでこの「香月」に人気が集まったみたいで、たくさんの人が他の来場者に勧められてということを添えてくれました。

ただ、まだしっかりは知られていないんだと思ったことがあって、7割くらいの方が「こうげつ」と呼んでいました。本当の名前は「こうづき」といいます。ぜひこれを機に名前を覚えてくださいね。

「手いっぱい」も大人気。NACもいい味が乗ってきて旨みが広がってきました。ひやおろしはタイプもそれぞれで飲み比べにはぴったりでした。「秋の純吟」のコストパフォーマンスに驚きの声もたくさんいただきました。ありがとうございました。

(関澤 結城)