‘酒造りの様子’ カテゴリーのアーカイブ

添下ろし!

2011年11月7日 月曜日

皆さんご無沙汰してます。今日は大信州の《仲》の仕込み前風景です。

2011-10-11 09.38.24_resized

2011-10-11 09.38.09_resized

2011-10-11 09.39.31_resized

お酒の仕込みは、最初にお米を精米し→洗米→蒸かし→麹→酒母→添→仲→留と仕込んでいきま す。この後半の添、仲、留を3段仕込みと言います。現在は簡易的な方法もありますが、 大信州では大吟醸から普通酒まですべてこの形です。

(田中 勝巳)

きょうの豊野蔵

2011年11月6日 日曜日

仕込1号上槽しましたよ!
マスカットのような味わいのお酒にあがりました。
杜氏も「いいよ」と言っています。
森「味に厚みがある。9号系のイソアミルの香りプンプンだね。」
昨年よりも良い出来です。

(小松 剛)

豊野蔵なう

2011年11月2日 水曜日

今日から2500kg仕込みが始まりました。洗う米も蒸かす米もシーズン最高の量になり、当然麹も最大級。麹室は歩くのもやっとな状態。物量があるので湿度も高い。ダイエットしたい方にオススメです。

2011110211400000

2011110211400001

槽場詰め用の醪も終盤にはいり、これから仕上げに向けて一層気が引き締まります。

(森本 貴之)

槽場詰めの醪(もろみ)

2011年11月2日 水曜日

10月1日に仕込んだ槽場詰めの醪が折り返し地点を迎えました。
どの醪も元気よく順調です。

NEC_0019

NEC_0020

槽場詰めの仕込みでは、その年使う酵母の様子を確認したいこともあって、主力で使おうと計画している酵母を単独使いで仕込みます。
どの醪も華やかで力強い香りを放っていて発酵状態も順調、いい感じです。
渋みや苦味、甘みなど、いろんな味が混ざっていますが、後2週間で整いそうです。
これからが楽しみです。

(田中 隆一)

豊野蔵研修!!

2011年10月31日 月曜日

26日~29の4日間、豊野の蔵へ研修に行ってきました。
いつもと違う環境で朝も早く、苦労しましたが小林杜氏さんや蔵で働く人の姿から学ぶことがたくさんあり本当に勉強になった期間でした。
20キロの溜めを持つのは一苦労。
蒸し掘りもお米が重くてかなりの肉体労働でした。
 

2011102817240000

2011102908410000

2011102908420000

働くなかで色々なことを感じましたが、一番は豊野からのバトンを受けてお客様の喜んでくれる商品をつくること、そして今の仕事を一生懸命やることが大切だと思いました。

これから忙しくなる季節ですが豊野のメンバーに負けないようがんばります!

(澤田 隆義)

今日の豊野蔵

2011年10月31日 月曜日
おはようございます。新婚の小松です。
昨日、ヤブタ(圧搾板)の組み立てが終了し、
無事完成しました。
小林杜氏の目標通り今月中に完成、
あとは1本目のモロミの様子が気になるところ。
あと1週間くらいで搾れるかな!

先日休みをもらい映画『神様のカルテ』を観てきました。
映ってましたよ!『大信州!!』僕の見間違いでなければ確かに
ウチのお酒でした!

宮崎あおいと一緒に移っていました(ハート)
やりました!銀幕デビュー。・・・皆さんも確認してください。

最近、涙腺がゆるくなっている僕と嫁さん、
二人でないてました。・・・

映画ってホントに素晴らしーですネ!!
(小松 剛)

今日の豊野蔵

2011年10月28日 金曜日

澤田君が蔵入りして3日目。蒸し米をひろげる手つきも様になってきた…かな?

2011102808450000

2011102808450001
慣れない仕事にさすがに疲れが溜まったようで、昼食後は早速布団に入りお昼寝してました。筋肉痛もあるようです。
もうすぐヤブタが完成します。平林さんが黙々と部品の取り付けをしてくれてます。妙に似合うんですよね、こういった仕事が(笑)着々としぼる準備が進むのを見ると気が引き締まりますね。

(森本 貴之)

今日の豊野蔵

2011年10月26日 水曜日

20111026おはようございます。森本です。

昨年入社し、日頃は松本工場の製品課で商品作成を頑張っている澤田君が、造りの研修のため、昨夜から豊野蔵入りしました。
澤田君、早朝から頑張っていますよ!
今日は1日麹室に入り、勝巳さんから個人授業をみっちり受ける予定です。
やせすぎて、鶏がらみたいになって帰ると思います。

昨年、パートなのに、即戦力として大活躍してくれた平林さんも昨日から蔵入りしたので、今夜は2人の歓迎会をします。・・・寒い中お外で焼肉です。

仕込は7号まできました。1,2号はアルコールも大分出てきて、お酒らしい味わいになってきましたよ。
上槽の機械を組み立て中ですが、搾るのが楽しみです。
早く味みて~~!!

 

(森本 貴之)

毎年1年生

2011年10月3日 月曜日

昨年は、全国的にお米が硬く、契約栽培米の『ひとごこち』も同じで浸漬時間も長く取ったのですが、今年は・・・?

2011-10-01 14.10.17_resized

2011-10-01 14.10.26_resized

毎年々お米の状態、気候、色々のものが変わります。1年生になったつもりで今期も頑張ります。

(田中 勝巳)

23BY始まりました。

2011年10月2日 日曜日

大信州の酒造りは、毎年10月1日「日本酒の日」が造り始め。
この日を迎えるまで、毎週製造会議をして前期の振り返りと今期の課題、目標設定、製造計画策定など、準備を進めてきました。
現場仕事は蔵内の掃除や修繕、備品の購入など、すでに夏前から始まっていました。
僕の担当で造りに直接関わる仕事は酵母の培養。30日から本格稼働しています。

NEC_0004 NEC_0005

NEC_0006

今年も1日に無事米洗いが終わり、今日(2日)初蒸しで麹室に引き込みました。
もうすぐ1本目の酒母が立ちます。

毎年のことですが、「今年はどうなるのかな?」という不安と、「よし今年は・・・!!」という期待が入り混じった心境です。
昨年を越えるよう今年も丹精込めて、一致団結して造ります。
今年の大信州もどうぞよろしくお願いします。

(田中 隆一)